毎日できる方法

ここでは、ちょっと意識するだけで、毎日簡単にできるプチデトックスの方法を紹介します。

サイト管理人自身も、10年間続けている方法です。

情報の参考元

●ジュース断食療法を確立。一流アスリートをサポートする:山田 豊文 医学博士著作
『ファスティングダイエット』(監修)

●米国でカリスマ的人気を誇る栄養科学のカウンセラー・ハーヴィー・ダイアモンド著作
『ライフスタイル革命―私たちの健康と幸福と地球のために』

**************************************

食べたものを栄養として利用するためには?

食べたものが、体内で活用されるためには、代謝活動が必要です。
そのプロセスは次の5つに分かれています。

1)消化・・・食べたものを細かく分解する

2)吸収・・・バラバラになった栄養素を腸から血液中に取り込む

3)運搬・・・その栄養素を血液中から各細胞に届ける

4)代謝・・・それらを身体の再生・その他の活動に利用できるように変換

5)排出・・・不要な老廃物や毒素を体外に出す

これらの5つの活動を正常に行えるように調整していくのが大事、ということがわかりますね。

 

上記の5つのプロセスをもとに、24時間の枠組みを大きく3つに区切ると

朝(4時~正午12時):排泄の時間

昼(12時~20時):摂取・活動の時間

夜(20時~翌朝4時):同化・吸収の時間

という時間帯で、体内活動が行われるように体内時計がセットされているようです。

そこで朝は、食べることに集中するのではなく、『食べた残骸、不要物を体外に出す』ということに意識を向ける。

 

サイト管理人が実施している方法を紹介しますと、

「午前中は排泄の時間」とし、排泄してから(固形物を)食べる

具体的には、

・起き掛けに、コップ1杯の水を飲む

・生フルーツを食べる

・コーヒーや暖かい飲み物を飲む

・(適宜)ヨーグルトを食べる

という朝食を10年間続けています。おかげで、午前中の脳の集中度合いは、バツグンです。
また、身体に瞬時に栄養をつけたいな、と思う時は、すかさず「ジューサーを使って生の野菜ジュース」を作って飲みます。
生野菜ジュースを一口飲むと、まさに「腸から身体のすみずみまで栄養に満たされていく感覚」になります。

この感覚を一度知ってしまうと、濃縮還元や加工された野菜ジュースが飲みにくくなります。(苦笑)
生のジュースは、ビタミネ酵素たっぷりの栄養食であり、体内浄化に欠かせないものとなりました。
まだ一度もその体験をされていない方には、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 ▲TOP